ダン まち ヘスティア ファミリア

ミアのシルへの接し方や神話の娘の話、アレンの行動やシルを娘と表現する事を考えると個人的にはシルの正体はフレイヤの子供というのが一番しっくりきます。 正直二人の関係は謎が多いですが今回のペンダントや魔導書など手引していたのはフレイヤでそれを運んでいたのはアレンなのかなと?思っています。アレンの口ぶりだとシルの様子をよく見ているようだし魔導書もそうだけどそんな大事なもんそうそう忘れたりしないですからね。 それにシルはアレンや知っている冒険者のことを「親しい」「店によく来る」と表現するのでこれに当てはまるのはフレイヤファミリアかロキファミリアぐらいで他にいるとしたら、フレイヤ配下の男神かヘルメスかミア母さんとか?まぁこれは無いか・・・・. . ダンまちのヘスティアファミリアって下の画像のようなメンバーになるのでしょうか? アイズはロキファミリアなので可能性は低いですリューはいたファミリアは壊滅していて最新刊ではよく共に冒険してるので可能性大です右から2番目の命はタケミカヅチファミリアからウォーゲームという. そう考えたイケロス・ファミリアの団長ディックスはヘスティア・ファミリアの動向を監視する。 その一方ヘスティア・ファミリアはイケロス・ファミリアを監視することに。 ダンまち3 第3話より引用. — Decem.

本作のヒロインの一人。黒髪のツインテールで幼気な少女の姿をしているが、れっきとした女神様。 その幼い容姿から他の神々から「ロリ神」扱いされており、またその容姿に似つかわしくない巨乳の持ち主であることから「ロリ巨乳」などとも呼ばれている(ちなみに身長は140㎝で、現実でいうと10歳女児の平均身長)。彼女がこれほど幼い容姿なのは、元ネタであるギリシャ神話の女神が炉を司るからなのだとか。 地上に降りてきてからしばらくは親友のヘファイストスの【ファミリア】に厄介になっていたが、いつまでも自分のファミリアを作ろうともせず自堕落な生活を続けていた為、堪忍袋の緒が切れたヘファイストスからとうとう追い出されてしまった。 その後、なんだかんだで面倒見の良いヘファイストスから与えられた「教会の隠し部屋」を拠点とし、団員の勧誘に励んでいたが、団員数がゼロの新興ファミリアということもあり成果は芳しくなかった。 しかし偶然、どのファミリアからも門前払いを食らっていた少年ベル・クラネルと出会い、ここぞとばかりに彼を勧誘し、ついに念願の一人目の団員を獲得することに成功した。. ダンまちを読んでいると巻末や途中の挿絵に登場人物のステイタスが紹介されますよね!ゲームの攻略本大好き人間の筆者にとって、ステイタスの挿絵は大好物です! 物語中でもステイタスのアビリティについて触れているシーンがあります。でも見返そうとすると、どこに書いてあったか. ダン まち ヘスティア ファミリア ヘルメス・ファミリアがイラスト付きでわかる! ヘルメス・ファミリアとは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に登場する団体である。 概要 迷宮都市オラリオに存在するヘルメス>ヘルメス(ダンまち)が主神を務めるファミリア。. See full list on bo-cchi123. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ヘスティア・ファミリア ベル・クラネル ベルヘス ボクっ娘 ツインテール ロリ巨乳 乳神様 例の紐 白手袋 ホルターネック 裸足 ブルー(プリキュア) - 他作品にて、異性の主人公たちに戦う力を与え「神様」と呼ばれる神物。 大魔神サタン - 他作品にて、主人公に好意を抱き、戦う力を与え、戦いをサポートする神物。しかし、その結末は. 馬車に乗って会場に向かうベルの元にシルがやってベルに激励と首飾りを渡します。アニメ版にはありませんでしたが原作ではこの首飾りをフレイヤが事前に用意していたかもしれないシーンが描かれています。 (以下、ダンまち原作6巻より) 場所はバベル最上階。フレイヤの命令で動いていたオッタルが帰ってきた。 オッタル フレイヤ様、命じられていた物品(もの)が準備できました・・・・・・フレイヤ様? フレイヤは椅子に腰かけ、視線の先にある三つの輝く光景を見つめていた。そこにはアイズとティオナそして二人を同時に相手取るベルの姿。 フレイヤ ・・・・・・ふふっ (ここまで) 作中でもシルが渡した首飾りがどういう物かは描かれておらずただ砕けた首飾りには徽章らしき刻印と何らかの側面像(プロフィール)があるとだけ説明されていました。 まぁ個人的にはフレイヤが事前に用意した体で考えるとフレイヤファミリアのエンブレムか限りなくそれに近いデザインだろうなと当時は予想していました。そして第四話でその首飾りがどういったものかが判明します。 フレイヤファミリアのエンブレムは戦乙女の側面像です。アニメに登場した首飾りには中央に戦乙女の側面像がありその周りには馬と翼が描かれています。 元々ダンまちは北欧神話をモチーフにしています。フレイヤの場合は女神の1柱で愛を司る女神または豊穣の女神、戦の女神などと言われるフレイヤ(Freja/Freyja)から、そしてオッタルはフレイヤが特に気に入っていた人間の男で彼をイノシシに変身させそれに乗って移動していたとも言われています。 個人的にはフレイヤが用意したものはシルが渡したペンダントだと思っていますが未だに二人の関係性というか正体が掴めていません。ただ言えるのはこのペンダントが戦争遊戯(ウォーゲーム)の勝敗を分けたということだけです。. ダンまち3 第1話より引用 ヘスティア・ファミリアの中に溶け込むウィーネ。 ただフラグを立てるのを忘れません。 ウィーネが話した悲しい夢の話。 夢は夢とならないのがこの手の作品のお約束。 いずれウィーネも夢のように冒険者を襲うようになるのか?

【ダンまち】キャラ相関図まとめ!ファミリアや恋愛関係もすぐ分かる! ダンまちにはとにかくたくさんのキャラがいるので、属しているファミリアと恋愛関係を相関図にしてみました。. 北欧神話に登場するフレイヤには二人の娘が居ます。妹のゲルセミ(Gersemi、Gersimi、Gerseme)で宝石を意味してます。二人目は姉のフノスまたはフノッサ(Hnoss、Hnos)でこちらも宝石もしくは宝を意味します。 二人はとても美しい容姿をしており北米では美しい人や物を「フノスように美しい」または「フノシル」または単純に「フノス」、「ゲルセミ」と呼んでいたそうです。 そして姉のフノスはありとあらゆる御殿を急に訪れても喜んで迎え入れられ自由に遊びに行くことが出来たと言われています。 なんかシルに似てますよね?街の人、男神達からも愛され本来なら行けるはずもない場所や手に入るはずもない物をシルは必ず用意しベルやリューに与えます。 また原作8巻を参考にするとシルはスラム育ちで両親が居なかったこととこれが理由でスラム街にあるマリア教会によく遊びに行くようになったことをベルに話しています。この言葉の真意は定かではありませんが、フレイヤファミリア所属の猫人アレン・フローメルがベルとシル、そして孤児院の子供達の窮地に助けに来たことがあります。 立ち去る際にはシルに頭を下げ消えていくアレンの後ろ姿を見て笑うシルが描かれています。子供達もアレンの存在は知っているようでした。 その後アレンはこの件をフレイヤに報告する際には「シルが豊穣の女主人から離れ四六時中護衛する羽目」になった事や「女神様(フレイヤ)から勝手な行動は控えるように言ってほしい」などと言うシーンあります。 この会話からシルの正体はフレイヤ自身もしくは分身という線は消え残るは娘か姉妹という線です。セリフを見ると二人はシルのことを「娘」と言ってます。単純に考えればシルはフレイヤの娘となりますが現状なんとも言えません。. See full list on aniragablog. あの【ダンまちⅢ】冒険者酒場のファミリアの宴をご⾃宅でも! 株式会社愛鷹製作所・⼯房名称:urakita⼯房(本社:東京都世⽥⾕区、代表取締役社⻑:上⽯⼤介)は、 t vアニメ【ダンジョンに出会いを求.

. 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の劇場版「オリオンの矢」オリジナルキャラクターで、ヘスティアとは天界にいたころからの親友。(存在自体は原作2巻にヘスティア、アテナと並ぶ三大処女神(スリートップ)として示唆されていた) オラリオの祭り「神月祭」にてヘルメスが台座に刺さった槍を抜いた者に世界一周の旅をプレゼントする催しを行った際、これを抜いたベル・クラネルを「オリオン」と呼んで自分の目的に同行してもらおうとした。 弓矢とナイフの名手で、自身も眷属のアルテミス・ファミリアのメンバーと共に前線で戦っていたという。 また天界にいた頃は「恋愛アンチ」と呼ばれるほど男女の関係に厳しく、眷属にもそれを要求していたという。 だが、ヘスティアと再会した彼女はどこか変で、オリオンと呼ぶベルに対して抱きつきなどのコミュニケーションを積極的に取ったり、ヘスティアがベルに好意を抱いていることに興味を示すなど、とても恋愛アンチとは呼べないほどに男女関係に軟化している。. 団長で第二級冒険者のベルを主軸として、鍛冶師であり前衛のヴェルフ。中盤を器用にこなす命。パーティーの頭脳として指揮官を担うリリ。限られた時間、パーティーメンバーのレベルを上げることができる【階位昇華(レベル・ブースト)】を使える春姫。 そして主神であるヘスティア。 このほかにも、懇意にしている【タケミカヅチ・ファミリア】【ミアハ・ファミリア】のメンバーやアイシャがパーティーに力を貸してくれています。 メンバー構成だけ見るとファミリア運営、攻略ともに、かなりバランスが良いファミリアであるといえます。 しかし、攻略ではベルが突出した能力を有しており、周りのメンバーとの差がかなりある状態です。 【ヘスティア・ファミリア】の遠征では、ベルは37階層まで到達しています。(状況的には、到達してしまったというべきですが。笑) 他のメンバーは30階層にも到達はしていない状況です。 もちろん、レベルを考えると、ベル抜きで30階層まで行くとなると、かなりの難易度である上、数々のハプニングに見舞われた遠征だったので仕方がなかったのですが、やはり実力の差が目立ってきています。 ベル:パーティーの要。パーティー内で最も汎用性が高く、敏捷性に優れ、詠唱なしで魔法を使えることから攻撃手として高い実力を誇る。パーティー内で平均火力が最も高い。 ヴェルフ:パーティーの前衛。鍛冶師であり、【クロッゾの魔剣】を作ることができる。【クロッゾの魔剣】の威力は、リヴェリアの魔法と同等であり、魔剣の瞬間火力はパーティー内最強である。 リリ:パーティーの指揮官兼サポーター。ステータスは低いが、高い頭脳と冷静な判断力を持ち、パーティーを指揮する指揮官としての才を磨き始めた。フィンに認められるほどの勇気を持っている。 命:パーティーの中盤を担うオールラウンダー。武神タケミカヅチの元で様々な武技を学んだため、あらゆる武器を高いレベルの技術で使いこなす。新たに、体術のレベルも上がり、オールラウンダーとしての実力が高まった。 春姫:サポーター兼妖術師。普段は、サポーターとして同行していますが、緊急時には、疑似的にパーティーメンバーのレベルを上げる魔法を使用し、数々の危機を乗り越えてきた。 【異端者(ゼノス)】編を乗り越え、遠征を経て【ヘスティア・ファミリア】は実力、精神面ともに、大きく成長しました。 ベルはLv4にレ. 」 アルテミスはベルに触れていた手を離し、「オリオン」としか呼んでいなかった彼を、最後は『ベル・クラネル』として、自分の愛する少年として名前を呼んだ。 「だから、次にあったときは――一万年分の恋をしよう、ベル!」 ※大冒険譚「劇場版-オリオンの矢-」のネタバレを含みます。 ――一万年後。 アルテミスは再び『貞潔』の神の一つ柱として生まれ変わった。 しかしアルテミスは通常神が生まれるべくして生まれる天上の海ではなく、下界で生まれた。 そこに『不滅』を司る一人の女神が現れ、アルテミスに道を示した。 「待ってたんだよ。ずっと、ずっと。今も待ってるんだよ、君を」 「姿が変わっても、心が挫けても、魂が輝きを忘れそうになっても。それでもずっと、馬鹿みたいに白いまま――君を待っていたんだ」 ダン まち ヘスティア ファミリア 「行っておいで。この先に、君が結んだ【約束】がある」 アルテミスは、気付けば走り出していた。彼女の言ってる事はやはりわからない。それでも自分が何かを求めている事を知って。 ――胸を焦がす、この感情は何? ――瞳を揺らす、この想いは『誰』? 木々も木漏れ日を抜けた先。森は消え、平原は染まり、見えるのはもう白い光景だけ。 処女雪の草原のように、純白の光のように、ただ、その先に一人の少年が立っていた。 女神は、少年に出会う。ずっと焦がれていた『恋』の続きをするために。 そして、言葉にする。 ダン まち ヘスティア ファミリア 唯一人恋焦がれた少年の名を。 「――ベル!」 少し雰囲気の変わった、だけどその白い炎は変わらなかった少年は、笑顔で返事をした。 「おかえりなさい、アルテミス様」 これは運命に選ばれた少年と、月夜に降り立った女神が遂げた――――【約束の物語】. 春姫のステータスもチェックしてみたい。 春姫の場合は魔力が「D」となっており、ランクアップの条件が揃っているので、いつでもレベル2になることができる状態です。 ただ、アイシャの助言によりランクアップはしていない。 妖術師としてまだ半人前のため、ここでレベル2になっても宝の持ち腐れ、もっと基礎を身につけてからランクアップさせたほうがいいとの判断。 これはステータスを見ても分かりますよね。 魔力以外はオール「I」の状態、つまり、今回の探索で魔力が飛躍的に向上したけど、それ以外はほぼ成長していない、アビリティのバランスがすごく歪なのです。 アイシャの判断は、ステータスから見ても正しい判断というのが分かります(レベル2にランクアップしたリリスケのステータスと比べると、さらによく分かるゾ!)。 とはいえ、今回のステータス状況を見ると、全員がレベル2以上のポテンシャルを持ち、ベルに至ってはレベル5へと足早に成長してしまった。 こうしてみると、やっぱベルの成長スピードはチートだなと改めて実感、オラリオに来てどのくらいだよ!とツッコミを入れるほどの成長スピード。 ちなみに、あとがきによると作者はリリスケのレベルは上げるつもりはなかったらしい、編集者に言われたから渋々レベルを上げたという・・・ なんて鬼畜なッ!. 「劇場版 ダンまち」ヘスティア様の描き下ろし抱き枕カバー再販 へへっ、ボクが添い寝をしてあげよう!. 第1話「神の宴(パーティー)」感想※6巻ネタバレあり 【ダンまち】第2話を原作と比較!戦う女は強し!ヘスティアの覚悟と二人のもう一つの未来 【ダンまち】3話リリを救う為にヘスティアが担保にしたもの※原作と比較ネタバレあり ダンまち原作6巻【戦争遊戯】ネタバレ ダンまち原作7巻【春姫編】ネタバレ まとめ ダンまちの記事一覧はこちら.

ヘスティア・ファミリアでは独り立ちの意志を示し、ファミリア内の世話係を自主的に務める 。 異端児の事件では、 ウィーネ と母子または姉妹ともいえるような間柄となり、ウィーネを守るために ベート と対峙した際には一歩も引かない強さを示す 140 。. アストレア・ファミリアとは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に登場する団体である。 概要 正義と秩序を司る女神アストレア>アストレア(ダンまち)が運営していた、探索系ファミリア。等級はb。本拠は「星屑の庭」。. ダン まち ヘスティア ファミリア といっても基本的にベルに仇なす者に対してだが). 天界から下界にやってきた神の中でも比較的新参。ベルに対して好意を抱いており、ヤキモチ焼きの一面もある。 ダン まち ヘスティア ファミリア ロキとフレイヤとは仲が悪く(フレイヤに喧嘩腰になることはないので仲が悪いというか苦手といった感じ。彼女が性に奔放だからだろうか)、特にロキとは顔を合わせる度に取っ組み合いの喧嘩になる。 下界に来る前は、知神(アテナ)や純潔神(アルテミス)と並ぶ三大処女神の一人として名を馳せ、並みいる男性神の求愛を断ってきた(それだけにベルとのデートは他の女神達の興味をそそった)。 また神格者として知られておりギルドの長を務めるウラノスも彼女に対しては絶大な信頼を置いている。 初めての「家族」であるベルに対しては、神が自分達の子どもに向ける愛情を通り越した強い好意を抱き、神と人という垣根を越えてでも相思相愛になりたいと想っている。 その分嫉妬深く、彼に惹かれた女性陣には神のプレッシャーで牽制している。 しかし、それでも毎回ベルが異性を引っ掛けるので、最近は諦めた様子。 なお、お金には縁が遠く、ベルの為に友人である鍛冶の女神ヘファイストスに頼み込んで神のナイフを特注製作してもらった際に即金で支払えず、対価として自らヘファイストス・ブランドの武具屋のバイトに志願したほど。(まあ、そのナイフ自体も数多の名工を自分のファミリアとして抱えるヘファイストスが直々に打った超のつく逸品であり、その契約書に記された請求額は圧巻の『2億』。まっとうに金回りのある商業系ファミリアや神様でも覚悟の要る金額である) 元々ファミリアにベルしか在籍せず、そのベルも当初ひよっこだったため、 活動費の殆どをジャガ丸くん(オラリオの街の屋台などで売られている、ジャガイモを使った揚げ物っぽいファーストフード。オラリオ式のコロッケ?)の販売のバイトで賄っていた経歴もある。 見た目とは裏腹に結構怠惰な性格で、過去に居候先のヘファイストスから追い出された事がある。 その性格もあってか金銭管理は大らか目な(リリに言わせれば「浪費癖」)ところもあり、ベルの次にファミリアに加わったサポーター(冒険者の中でもアイテム管理や後方支援を担当する職業)にして「ファミリアの金庫番」を自認するリリことリリルカ・アーデには、彼女らの役割柄、(ベルを巡る恋のライバルということもあるが)金銭の使い方やファミリア代表としての脇の甘さなどで説教さ. ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ1:ヘスティア まずはメインヒロインであるヘスティア様! ベルの所属するヘスティア・ファミリアの主神です。. 彼女がアニメに登場した年4月上旬、pixivやツイッターその他のメディアを彼女の『乳』と『紐』が席巻した。4月8日付の『男子に人気ランキング』では100位までの内およそ5分の1を占め、さらにベスト3を独占するという事態になり、pixiv運営側も急遽、ヘスティアと例の紐の特集を組んだほどであった。(→【謎の紐に悩殺されそう!】ヘスティア特集) なお、爆発的な人気が出たのは何故かアニメ放映直後ではなく4月7日を過ぎてからである。 ちなみに、pixivには4月7日だけで153枚ものイラスト(パロディ含む)が投稿されている。.

こんな風に各キャラの成長がステータスにもしっかりと反映していたわけだけど、今回の短編では各キャラの新人時代の物語も描かれています。 初心忘るべからず なんて諺もありますが、今でこそバッキバキに成長したベルたちですが、彼ら彼女らもまた右も左も分からない頃があったのです。. 年12月21日 年5月14日. com この記事にも書いたもので、新戦力として椿、リュー、アイシャの誰かが新戦力としてパーティーに加入するのでは?と個人的に考えています。(アイシャは既にパーティーメンバーではありますが。笑) 根拠として、春姫の魔法の【ココノエ】が最大9個まで魔法を装填して、好きなタイミングで魔法を使用できる。という破格の魔法を新たに授かりました。 春姫の使用できる魔法は、【ウチデノコズチ】です。疑似的にレベルを上げることができる魔法を9つ同時に使用すると考えたとき、対象のパーティーメンバーの9人までレベルを上げることができるということです。この設定を付けたということは、9人にパーティメンバーが増える伏線なのではないかと考えます。 これを前提に置いたとき、現在のパーティーメンバーはベル、ヴェルフ、リリ、命、春姫、桜花、千草、アイシャの8人です。 つまり、あと1人パーティーに加入するにでは!?と考えるわけです。 そのとき、加入する可能性があるのがリューもしくは椿なのではないかと考えます。 以前は、個人的に椿の加入を強く推していましたが、最新刊のストーリーの流れから考えると、リューがパーティーに加入すると考える方が自然だと思います。笑 ゼノス編の最後にフェルズによってゼノスとの共存の鍵は最下層にあると明言していました。それを踏まえ、これから最下層までダンジョン攻略を進めるとして、新戦力の加入と共に、新たな力を得ないと最下層の攻略など到底かなわないでしょう。 ベルは、スキル【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】の影響で異常なスピードで成長していってます。そしてスキル【英雄願望(アルゴノゥト)】で強大な敵にも打ち勝つ力を手に入れています。これによってより成長速度が高まっています。 しかし、これではベル1人が成長していくだけで、周りとの格差が開いていく一方です。ふつう、レベルを上げるためには、かなりの時間と才能を要するので、他のメンバーが第一級冒険者になるころには、Lv10になっているという可能性も出てきます!笑 なので、パーティーメンバーの成長速度を上げるようなスキルが発現するのではないのかと推測します。 また、魔法の枠が二つ空いている. 【ダンまち】ヘスティア・ファミリア団員のステータスを解説してます! 発展アビリティ・魔法・スキルも詳細に説明しています☆ 0:58 リリルカ. 天界時代の交友関係はそれなりに広かったらしく、ヘファイストス、ミアハ、タケミカヅチとは親友の間柄にある。 ただし最強ファミリアを率いるロキとは犬猿の仲で、顔を合わせると「どチビ!」「貧乳!」と罵り合っている。 また【ロキ・ファミリア】に所属するアイズ・ヴァレンシュタインはベルの憧れということもあり、激しく嫉妬している。.

15巻で気になったのが、各キャラのランクアップ!ヘスティアが「バーゲンセール」と言ってたけど、ベルだけでなく各キャラそろってレベルがあった! ダンまちにおけるランクアップの条件についてです。 過去にランクアップの条件について触れたことがあったかは正直忘れてしまったが、今回ランクアップの条件についての説明があったので一応振り返ります! この条件を今回のヘスティアファミリアにあてはめると、経験値及び偉業は申し分ない。階層主の討伐やジャガーノートなんてイレギュラー中のイレギュラーの討伐。 それに伴い莫大な経験値。 問題はアビリティの向上のところ、注目したいのが三番目の条件「任意のアビリティ評価六段階以上」という部分。. それはいつ?」 「さあ. ヘスティアファミリアがロキファミリアと一緒にダンジョン攻略する可能性は低いです。 ダンまち外伝12巻でオラリオの壊滅を企む《エニュオ》との戦いが決着すると外伝11巻のあとがきに書いてあったので、ヘスティアファミリアの出番はないでしょう。. そんなわけで、これを踏まえてベルのステータスをじっくり見てくと、 もはや言うまでもないw 複数のアビリティでD以上の評価をえまくってます。ヘスティアはこの数値をみて現実逃避をしていたけど、そりゃそうでしょうと。 レベル4になったばかりなのに、それがあっという間にレベル5、ありえないし、これが明らかになれば面倒になることは必須。 そんなわけで、ヘスティアは現実逃避を決め込みますw ベルの成長スピードは今にはじまったことではないにしろ、異常なのは確か。そして、その成長は全くもって衰えをしらない。英雄へと着実に駆け上がっています!. タカラッシュ!さんと人気アニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?Ⅱ』(『ダンまち2』)がコラボした謎解きイベント『ヘスティア・ファミリアの借金返済大作戦』に参加してまいりました。 イベント情報 ※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報. See full list on anabre. 父クロノスと母レアーから生まれた長女。要するにゼウスやハーデスらのお姉ちゃん。 炉の神として家庭を守護する女神で、その延長として国体護持の神としての側面も持つ。 また、聖火を扱うとして祭壇、祭祀の神でもあり、家族を失った孤児たちの保護者とされる。 ローマ神話におけるウェスタ(ヴェスタ)と同一視されることが多い。 オリュンポス12神には数えられる場合と数えられない場合があり、 これは甥っ子であるデュオニソスに「自分は炉を離れてオリュンポスに行けないから」ということでその立場を譲ったからだとされる。 なお、ギリシャ神話における女神と言うことで嫌な予感がした人も多いだろうが、 かの高名なプラトンをして「彼女1人だけがのんびりしていた」と言わしめるなど、 ギリシャ神話において本ッッ当に珍しい癒し系ぐう聖女神である。 どのくらいかというと、あのゼウスがポセイドンとアポロンに求婚された時に直々に永遠の処女を守る許しを与えたというくらい。あのゼウスがである。 女神のみならずゼウスのお手付きが無かった女性というのはガチで珍しい。むしろ「手出したらぶっ殺すぞ(意訳)」宣言までしているとなればほぼ皆無レベルである。 「いや、でもお姉ちゃんなんでしょ?」と思ったアナタ、そもそもゼウスとヘラの夫婦は姉弟です。 よくヘラが怒らなかったものである。 ちなみに、家庭円満、国体護持といった概念的な要素が強いせいか、神殿や彫像、エピソードが全体的に少ない。 まあ、信仰の土台としての家庭円満・国家安寧を司ると考えれば、ヤンチャな弟妹やら親戚やらがアレコレやらかす様を暖かく見守るお姉さん或いはオカンというポジションなのかもしれない。 しかしその神徳から、信仰の規模はオリュンポス十二神でも3本の指に入るといわれ、「釜戸あるところヘスティア女神への信仰あり」と言い得る存在だったという。神格は日本で言うなら「三宝荒神」だが、その在り方は同じく後発的に神徳が増えて萬願成就の神様になった「お稲荷さん」に近い。ちなみにお稲荷さんも本質は女神である。 またアテナ、アルテミスと並んでギリシア神話の三大処女神とされる。.